家電バーゲン
放射能測定器
楽天市場
FX自動売買

山行名 2001年度 冬山合宿  屋久島縦走
山域名 永田歩道〜永田岳〜永田歩道
山行日 2001年12月27日〜12月31日
メンバー CL:原山 愛(3)針原謙一(1)新谷元信(1)天本麻子(1)

行動記録

12月27日(木)

部室発(8:00)―フェリー出港(8:45)―宮之浦港着(12:50)―永田のバス停着(13:30)―テント場着(16:00)―就寝(20:00) 

 なんと私、初日から寝坊をしてしまったが、何とか無事にフェリーに乗ることができ一安心。永田のバス停を過ぎても、永田歩道の入り口は分からないし、昼飯もゆっくり食べたりして今回のメンバーはマイペースぞろい。大丈夫かねぇ。途中から雨が降り出しちょうど天気図の時間だったし、平たい場所があったのでテントを張る。久しぶりに歩くと疲れるなぁ。(原山)

12月28日(金)

起床(4:30)―出発(7:00)―水呑沢(8:35)―竹之辻(10:55)―姥が岩屋(12:55)―鹿之沢小屋(16:25)―就寝(21:00)

1300mぐらいからチラチラと雪がつもっていた。だんだん深くなり鹿之沢小屋のあたりでは30cmぐらいあったと思う。この日は天気が悪く少し雪が降った。雪が積もった木の枝がザックに引っかかるのでところどころよつんばいになって進まなければ行けない所もあった。途中、シカにもあえた。(新谷)

12月29日(土)

起床(5:10)―鹿ノ沢小屋出発(8:30)―休憩(9:10)―永田岳の途中で休憩(11:41)―永田岳の頂上を少し過ぎた地点で少し迷う(12:30)―頂上〈引き返す〉(13:00)―鹿ノ沢小屋着(15:00)

今日の反省点としてはパッキングが遅すぎた。その為出発が遅れ、永田岳頂上までもすごい雪で時間と道に迷う心配から引き返すことになった。雪の中の登りがあんなに時間のかかるものだとは思わなかった。雪に埋まるたびに体力と時間を使い、それでもなぜか楽しくてしょうがなかった。でも、永田の頂上付近で道が分からなくなった時、一番ビビッていたのは私だったと思う。地図だけでルートを探す訓練が必要だと痛切に思った。(天本)

12月30日(日) くもり

起床(5:00)―鹿の沢小屋出発(7:30)―姥ヶ岩屋(10:12)―獄の辻(11:47)―テント場(林道途中のトイレ)着(15:35)

 下りということで少し気持ちが楽だった。けれども、雪が積もって木の枝が垂れ下がっていたのでザックに取り付けていたピッケルが何度もひっかかってしまい散々だった。また、雪がとけた後の木は大変滑りやすかったので2回ほど転んでしまった。雪は姥ヶ岩屋付近まで残っていた。途中七本杉の看板が立っていたけど、どの杉が七本杉かわからなかった。そして、竹の辻もはっきりした場所はわからなかった。天気は良くなかったけどヤクシカにあえたのでうれしかった。今日は黙々と歩いたといいう感じだった。(針原)

12月31日(月)     

起床 (7:00)―テント場発(9:00)―バス停着(9:20)―宮之浦港発(13:20)―鹿児島着(17:25) 

 前日、トイレまで下りてきていたので、準備もゆっくりとして出発。遠くからみるとバス停にバスが停まっている。走って何とかバスに乗ろうとするが、途中で疲れたので、まだバスがいるし大丈夫だろうということで歩く。すると、バスは行ってしまった。「あーっ」と思ったが仕方ない。温泉にも入りたかったが、大晦日のためどこもやっているとこがない。ついてないなぁ。なんだかんだで合宿終了。無事鹿児島に帰る。(原山)

雑感

教育学部 英語専修 3年  原山 愛

 今回の合宿は、冬山初心者ばかりのうえ、思っていたよりも積雪量が多かったため、計画を変更せざるをえなくなり、1年生には、とても残念な思いをさせてしまい、大変申し訳ないと思う。しかし、この思いをこれからのやる気にぜひともつなげていってほしいと思う。しかし、私にとって今回の合宿は、1年生が多く若い力に圧倒されながらも、とても楽しく、勉強になる合宿だった。1年生の皆、いろいろ助けてくれてありがとう。

教育学部 数学専修 1年 針原謙一

 初めての屋久島登山は大変楽しかったです。自然豊富な屋久島はすぐ好きになってしまいました。また、南国育ちの私にとって雪がすごく印象に残り「屋久島も結構雪が降るんだなあ。」と実感しました。宮之浦岳のピークに立つことができなくて少し残念だったけれど、原山さんの判断は正しかったと思います。今回の山行に関して、SLであるにもかかわらず準備にあまり参加できなかったことや生活技術(起床、パッキングなど)がまだまだ不十分だったことで隊の皆さんに迷惑をかけてしまいました。この反省を次回の山行に活かしたいです。

理学部 物理学科 1年 新谷元信

 ずっと天気が悪くてすごく嫌だったし、永田岳から引き返すことになり凄く悔しかった。食糧をもっていきすぎたのではないかと反省している。雪は冷たく硬かった。だけど、すごく楽しい山行となった。

農学部 獣医学科 1年 天本麻子

 初めての屋久島で雪が多かったのは、ある意味幸運だったと思う。全行程をこなせなかったのは残念だけど、雪のきれいさがすごく強烈でまた行きたいと本気で感じた。猿や鹿も見れたし、楽しかった。


TOP