恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

1月〜3月  夏編
<Travers-Sabine Circuit>
期間 1月26日〜2月1日   山域 No7 St.arnaud Nelson
 Lakes

1月26日 9時半にブレナムをでて、ヒッチハイク。余裕だ
ったつもりが、国道63号は通行量が極端に少ない。15:3
0 ようやくSt、Arnaud出発。湖畔を3時間歩いて18:30Lakehead
小屋着。あいかわらずサンドフライが多い。小屋に網戸が欲し
い。小屋は36人宿泊可。

1月27日 8:15出発、13:10 Johntait 小屋着。
今日は1日中雨。コースは平坦な森と草原の繰り返し。ぬれた
荷物で激重で、泣きそうになって、ひとつ先の小屋までいく予
定を変更。小屋でストーブをたいて服をかわかす。

1月28日 8:30出発、小屋を出てすぐの森に妖精がいる
。快適なテント場もある。
3分のサイドウォークでUpperTraversFallは想像以上に大きい
。小屋から2時間半で森林限界を超え、10分でUpperTravers小
屋。小屋の周辺は、天国。ここからSaddleへののぼりは1時間
半。下りはガレ場をキックステップ気味におりる。ケルンのみ
の道しるべで初心者同士での山行は危険。下りきると川に出て
、あとは川沿いになだらかにくだっていく。Saddleから3時間45
分でWestsbine小屋。36人宿泊可能。川へ水浴びをしに行くが
、またしてもサンドフライに攻撃される。

1月29日 11:30 雨が上がるのを待って出発する。今日は、
ひたすらに平坦な道を川に沿って5時間歩く。昨日のUPDOWNか
らすると、楽で、巨大なマスをみつけながら、今度は釣竿を持
ってこようと思う。川に入って、釣りを楽しんでいる人も何人
もみかけた。左岸から右岸へわたるつり橋付近は、泳ぐのには
最適。今日は少し肌寒いも、サザンラタのさくゴルジュの色は
深い緑。橋から飛び込むのもおもしろそう。ロトロア湖畔に建
つSabine小屋は新築で、36人宿泊可能。サンドフライはあいか
わらず多い。

1月30日 8:20 出発。小屋の裏から始まるいきなりの急なの
ぼり。なかなか森林限界を超えず、2時間視界のない森を登り
続けると、突然パアーっと光が差す。森林限界がこれほどはっ
きり現れる山は少なく、2時間の苦労も吹き飛ぶ。突然の360度
のパノラマで大休止して、稜線をすすむ。ここからAngelousま
で天候が悪いと危険。ガレ場をトラバースし、道もはっきりし
ていない。Mt.Angerousがみえると直下に2つの湖があらわれる
が、小屋はここの湖ではない。しるしに沿ってしばらく岩岩し
た地形を飛びながらすすみ、丘を越えると、真っ青なブルーが
とびこんでくる。ロケーションで有名なAngerous小屋はまった
くもって期待以上!!二つの美しい湖の間に建ち、周りは秀峰
にかこまれ、、、さっそく泳ぎに行く。

1月31日 Angerous小屋に二泊して、Mt.angerous(2075)
へのDayWAlkを予定していたが、今日はあいにくの強風、
ガス。RobertRidgeも危険だということで、CascadeTrackをと
り今日いけるところまで行っておくことに。11:30出発。RobertRidge
への登りへ続く道から分岐で右手にはいり、直下降する。1時
間でがけをくだりきり、すぐに森へ入る。14:30 つり橋。15
:30 ColdWater小屋。6人宿泊可能、サンドフライの巣。水タ
ンクなし。沢へ汲みに行く。

2月1日 10:00 出発。Lake Rotoitiの左岸を歩き、St.Arnaud
をめざす。小雨気味。森の中でもくもくと歩く。12:30駐車場
着、13:30 St.arnaud Info。ヒッチでブレナムにもどる。
今日はすぐにつかまる。

感想 6泊7日のやりがいのあるコース。Angerous小屋のすばら
しさが有名になって、一泊二日でAngereous小屋だけへ行く人
が多いが、SabineからAngerous方面の稜線歩きがとてもお勧め
。WestsabineからBluelake小屋へむかうD`UrvilleTrackも気に
なる所。