FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

<ケープル・グリーンストーン トラック>
期間 11月7日〜11日  山域 No5 クイーンズタウン近く 
グレノーキー

11月7日 グレノーキーからグリーンストーン駐車場までバス
が片道15ドル。帰り道とあわせて30ドルで要予約。ここはヒッ
チはまず難しい。あきらめてバスにすべし。9時半のバスに乗
り、10時半、出発。森と平原を繰り返しながら平坦な道を行く
。13:20、Md.capler小屋 16人宿泊が可能。管理人がいる。
サンドフライが多い。ここから一時間平原と森をいったりきた
りすると完全な森がはじまる。17時Upper 小屋着。森の中に
ぽっかりあいた穴のような開けたところ。サンドフライがうる
さい。

11月8日 7:30出発。今日は鞍部越え。少しずつ登っていき、
森林限界がなかなかあらわれない。10:00 鞍部着。鞍部の標
識から先は木道が整備され、その右手には秀峰、Mt・クリステ
ィーナがくっきりと見え、思わずさけんでしまう。鞍部からの
下り道が地獄。急。
こちらから登ることにしなくて良かったと、つくづく思う。く
だりきると、沼地。ずぼずぼ足がはまり、歩きにくい。14:00
 Mckeller小屋着。小屋周辺はよく整備され、まるでハイキン
グコース。

11月9日 雨で動けず。ひたすら眠る。

11月10日 9時半出発、あいかわらず、森と平原をくりかえす
。記憶が飛ぶ。13:30Mid。グリーンストーン小屋着。小屋手
前の沼に注意。サムのひざまではまり、抜け出すのに一苦労だ
った。私サイズなら余裕で腰まで浸かりそうな沼です。14:30
出発 15:40Slybum小屋着。Mid小屋からくだり、平原へ。そ
の後、森へ入る。Slyburnは8人宿泊可能。ストーブがなく、冬
は寒いと不評。近々改修工事されるらしい。

11月11日 大きく一回りしたケープル・グリーンストーンをお
え、出発地の駐車場へもどる。10時出発。13:00 駐車場 着
、13:40バス出発。グレノーキーへむかうも、急にバスから降
ろされ、ジェットボートに移らされる。なんでも、湖をバスで
まわって帰るより、ボートで湖を突っ切ったほうが早いからら
しい。初体験にドキドキだった。気持ちはいい。

感想 Matukitukiが印象深かったからか、ここの山域に特別な
感動はなかった。ただ、グリーンストーンはガイドつきのウォ
ークも出ていて、有名なトラック。森と平原をくりかえすこの
コースが私には少し単調だったが、見方によっては楽しいのか
もしれない。予備知識があれば、女性一人でも不安のないコー
ス。